最近の記事
Google

2008年07月01日

7-1-2008

続 アメリカ医療の光と影 第130回
週刊医学界新聞
前回まで2回にわたって「格差症候群(status syndrome)」(収入・教育程度・人種差別等の社会経済的格差に起因する健康格差)の実例を,米国における新生児の体重格差で見てきたが,格差症候群は,いまや,国の違いや疾病の別を問わない「普遍的現象」として認知される ...


仕事か、生活か。男の働き方も変わる?! ――2005年〜2008年
スマートウーマン
前回、格差社会の広がりについて話したが、05年には新たな富裕層の出現と低所得者層の増加から、賃金格差などを初めとした二極化が問題になってくる。「勝ち組」「負け組」という言葉がはやる頃、「日経WOMAN」では「そこそこOL」と呼ばれる人々が登場した。 ...
posted by Mark at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 格差関係ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104538173

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。