最近の記事
Google

2008年06月16日

6-16-2008

続 アメリカ医療の光と影 第129回
週刊医学界新聞
と,ここまで,社会経済的地位の格差(不平等)が健康被害をもたらす実例として「米国における新生児体重の人種差」にまつわるデータを紹介したが,ロンドン大学教授のマイケル・マーモントは,社会 経済的地位(socioeconomic status)の格差に基づく健康格差を「格差 ...
このトピックに関する記事をすべて表示する テレワークという麻薬
ITmedia
意図的かどうかは別にして、いわゆる「格差」を助長するための仕組みとして、テレワークが使われてしまうかもしれないわけです。要はテレワークは「仕組み」にしか過ぎません。社員同士がライバルとして敵対している会社に社内SNSを入れても、急に社員間の ...
このトピックに関する記事をすべて表示する 少子化が加速し“格差社会”に突入――2002年〜2004年
スマートウーマン
左から02年4月号、03年3月号、04年8月号の表紙。構成やロゴ・文字の大きさなどは今とほとんど同じ。英語ブームの続く02年4月号にはまたCDが付いていた。のみならず全2 4ページのBook in Book「カンタン英語表現430」も付いており、連載でも「映画で学ぶ生きた英語表現」と ...
このトピックに関する記事をすべて表示する 出生地による教育格差1000倍以上
共同通信PRワイヤー (プレスリリース)
キャンペーン開始から2年経ち、教育支援における国際 社会の援助実態と、浮かび上がった格差の理由、教育支援の成果を活動レポート〜Last in Line, Last in School 2008〜でご紹介します。トップのルクセンブルグは、子ども一人当たりの初等教育費は1万2千ドル(126万 ...
このトピックに関する記事をすべて表示する


posted by Mark at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 格差関係ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。